03-5703-5281


【診療時間】9:30~12:30/14:00~20:00(土は13:00まで)※月に1度土曜午後の診療あり。 【休診】日曜・祝日

審美歯科

    より美しく、より永く

    審美歯科

    • 「歯と歯茎の間が、黒く見えてしまっているのが気になる」
    • 「色が不自然で、すぐに差し歯とわかってしまうのを治したい」

    患者さまから、このようなご相談をお受けすることがあります。

    特に、前歯の治療をご希望される方にとって、一番気になるのはやはり「見た目」の部分ですよね。

    保険治療でも白い歯を入れることは可能なのですが、使える材料に限りがあるため、形、色合い、周りの歯との調和を含め、天然の歯のような透明感のある仕上がりにすることはなかなか難しいのが現状。

    そんな中、最近ではセラミックによる治療をご希望される方が増えてきております。

    当院では、ただ歯をキレイにするだけではなく、より永く、より快適な口腔内環境を維持するために、細部までこだわった治療を提供しております。

     

    当院の審美歯科治療

    自費治療というと、つめ物やかぶせ物の材料の違いと思われている方も多いのではないでしょうか?

    それもあるのですが、当院の場合、より精度を高めるために、自費治療では、型取りに使う材料や模型を作るときの石膏なども、保険治療とは別のものを使用します。

     

    型取りについて

    型取り

    自費治療:精度が高く、変形しにくい印象材を使用します。

    保険治療:制約の範囲内で安価な材料を使用します。湿度の変化などで変形してしまい、精度はあまり高くはありません。


     

    模型について

    模型

    自費治療:精度が高く、変形率の少ない石膏を使用します。

    保険治療:制約の範囲内で安価な材料を使用します。石膏の膨張率が高く、模型が変形しやすくなります。


     

    技工について

    技工

    自費治療:顕微鏡を使用しながら、手間と時間をかけて丁寧に作業しますので、精度の高いつめ物やかぶせ物を作ることができます。

    保険治療:限られたコストと時間で、できる範囲内のつめ物やかぶせ物を作ります。


     

    より美しく、自然な色合いを表現

    技工

    通常、つめ物やかぶせ物をつくる際には、歯科医師が患者さまの歯型を取り、書面で歯科技工所に発注するという流れが一般的です。

    技工所の歯科技工士は、その歯型と書面から得られる情報に基づいてつめ物やかぶせ物を制作しているのですが、そこから得られる情報だけでは、色合いや患者さまのお口の中の状態を精密に把握するのが難しいのも現状。

    そこで当院では、審美治療を行う際には技工士が立ち合い、患者さまのお口の中を拝見し、直接目で見た色合いを再現することで、周りの歯との調和のとれた技工物の作成を行っております。

    また、医院には、患者さまの歯の色を数値で測定する機器も導入しておりますので、より正確な情報をもとに技工物を制作することが可能です。

    どのようなお口元にしたいか、美しさの価値観は人それぞれですので、治療前には十分なカウンセリングを行い、患者さまのご理解とご納得の上で、患者さまのイメージに合ったお口元を提供できるよう努めております。


     

    当院の審美歯科メニュー


    オールセラミック

    オールセラミック

    患者さまからのご相談で特に多いのが「前歯の歯と歯茎のつなぎ目の部分に黒い隙間ができてしまったので治したい。」というもの。これは、「ブラックマージン」と呼ばれるもので、加齢などによって歯茎が下がり、かぶせ物の金属が露出してしまった場合などによく見られるものです。

    虫歯や歯周病といった症状ではないものの、それが原因で思いっきり笑うことができなかったりと、精神衛生上、あまり良くはありません。

    そのような場合は、オールセラミックによる治療がおすすめです。

    オールセラミック治療は、金属を一切使用しないため、裏側の黒い金属色が見える事がありません。また、透き通った白さで自然な光を透過しますので、審美的にも非常に優れています。

    もちろん、金属アレルギーの心配もありませんのでアレルギーをお持ちの方にもおススメの治療法です。


    ジルコニア

    ジルコニアとは、最近注目さえている素材で、強度・耐久性に非常に優れた素材です。

    人工ダイヤモンドとしても有名ですが、医療分野では骨の代替素材として人工関節に使用されるなど、生体親和性にもとても優れているのも特徴です。

    セラミック自体は、審美性には優れていますが強度がそれほど高くはないため、まずは強度と耐久性に優れたジルコニアでフレームを作り、その上にセラミックを焼き付けることで、強度・審美性、ともに優れた歯を作製します。

    「セラミック治療を行ったけれども歯ぎしり、食いしばりは強くてセラミックが割れてしまった・・・」

    というご経験がある方には、是非おススメしたい素材です。

     

    メタルボンド

    メタルボンド

    セラミックの歯に、強度を高めるために金属の裏打ちを付けたものです。表側は審美性に優れたセラミックを使用しておりますので、透明感のある自然な色合いに仕上げることが可能です。

    また、金属を使用している分、丈夫で割れにくいという利点がありますが、加齢に伴い歯茎が下がってしまった場合などに、ブラックマージンが現れてしまうことがあります。

    金属アレルギーをお持ちの患者さまの場合は適用できない場合がございます。


     

    ハイブリッドセラミック

    ハイブリッドセラミック

    従来のプラスチックとセラミックの複合材料です。強度・色調は、ちょうど両者の中間的位置にあり、比較的欠点の少ない材料です。

    料金的にも、セラミックの約6割程度ですので、症例に合わせて使うと実力以上の力を発揮する材料です。

    現在は、歯の部位と状態によっては保険が適用できる場合もあります(CAD/CAM冠)。お気軽にご相談下さい。


     

    ラミネートベニア

    ラミネートベニア

    ラミネートべニアとは、歯の表側だけをごく薄く削り、セラミック製の薄いカバーを貼りつける方法です。前歯の色が気になる方や、手軽に歯並びをきれいに見せたい方などにおススメの治療法です。

    安全で、耐久性があり、しかも美しく自然な感じに仕上がります。セラミックなので歯茎にやさしく、磨耗や変色の心配がありません。


     


TOP